今後のセミナー情報は脳外臨床研究会HPより

【実技動画】足関節背屈に必要な治療介入②

こちらは歩行セミナーでお伝えした実技動画の一例です。

第1回歩行セミナー『踵接地編』において、運動麻痺を呈する足部(その中でも重要な背屈運動)にどう治療介入していくべきか?

その際にどういった足関節背屈運動を促すかの治療テクニックの前脛骨筋への刺激入力方法になります。

前回は踵を軸にした距骨下関節への動きの誘導をお伝えしました。

【実技動画】足関節背屈に必要な治療介入
足関節背屈に必要なポイント
  • 距骨下関節の動き
  • 踵を軸にした背屈運動
  • 足趾伸筋、前脛骨筋腱への刺激入力

まずはこれらポイントを押さえつつ、是非臨床場面での片麻痺患者様の背屈運動の治療のひとつのアイデアとして実践してもらればと思います。

パスワードはLINE@登録者限定に配信中!

下記友だち追加ボタンをクリックする。

友だち追加

※今回の前脛骨筋への刺激方法はこちら!

こちらの実技は第2回の歩行セミナーでも実際に実技提示していきます!

是非、ご興味がある方はご参加ください!

セミナー参加者限定で歩行セミナーで実施した実技動画を配信中

【名古屋会場】なぜロッカー機構が大事とされるのか? 【広島会場】なぜロッカー機構が大事とされるのか? 【博多会場】なぜロッカー機構が大事とされるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です